― メトロアド賞受賞作として、5月1日より運行のギャラリートレインに掲出! ―

2021年4月27日
株式会社 電通テック

 株式会社電通テックのクリエーティブプランナー/デザイナー小澤幸希とアクティベーションプランナー永井崇史の企画制作した作品が、「Metro Ad Creative Award 2020」(主催:株式会社メトロアドエージェンシー)のデザイン部門にてメトロアド賞を受賞、その作品が各受賞作を展示するギャラリートレインにて今週末より掲出されます。
「Metro Ad Creative Award」は、東京メトロの交通メディアを最大限に活用し、これからの新しい交通広告・OOHの価値創出につながる表現やアイデアに出会い、優れた才能の発掘・育成を目的とした公募型の広告賞です。受賞作品を展示するギャラリートレインは、2021年5月1日(土)から5月15日(土)まで、東京メトロ銀座線1編成をジャックして運行されます。

 
【Metro Ad Creative Award 2020 受賞概要】

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104264187-O1-4ajYa2cM
  
「この筆、すごい。」
■部門:デザイン部門  
■受賞:メトロアド賞
■受賞者:小澤幸希(CXデザイン室)
■共同制作者:永井崇史(サービスプロデュース事業部)
■課題:株式会社伊勢半
    プチプラでも品質の高い商品と伝わる企画
    (対象商品:ヒロインメイク
     プライムリキッドアライナー リッチキープ)

※「Metro Ad Creative Award 2020」詳細について:
https://maca.sendenkaigi.com/

※ギャラリートレイン運行に関して、駅・係員へのお問い合わせはご遠慮ください。
※運行期間中、運行状況によりギャラリートレインは走行しない日・
時間もございます。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「電通テック、小澤幸希と永井崇史による「Metro Ad Creative Award 2020」受賞作がギャラリートレインに展示