2021年4月9日
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
漢検 漢字博物館・図書館

漢検 漢字文化研究所(京都市東山区/所長:阿辻哲次)は、漢検 漢字博物館・図書館(以下 漢字ミュージアム)(京都市東山区/館長:髙坂節三)にて、連続講座「古代日本と漢字」を開講します。実施概要は、下記の通りです。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104083432-O8-93OIc8Hq

 

講座概要

【講座名】漢検 漢字文化研究所 連続講座シリーズ第7弾「古代日本と漢字」

【内 容】日本語は漢字と出会うことでどのような変化をとげてきたのでしょうか。

日本語と漢字との関わりについて、日本語の歴史の専門家に、さまざまな角度から論じていただきます。

【期 間】2021年4月17日(土)~9月11日(土)まで毎月開催 

【場 所】漢字ミュージアム 1階 多目的室

【定 員】各回30名(申込先着順) ※後日有料配信あり

【申 込】電話075-757-8686(漢字ミュージアム)

【聴講料】一般:各回1,500円、学生:各回1,000円(漢字ミュージアムの入館料込み)

 

漢検 漢字文化研究所について

公益財団法人 日本漢字能力検定協会に所属する研究所。日本の漢字を日本文化の側面からつまびらかにする調査研究や、日本語教育、漢字教育、それぞれの検定・テストの質的向上、および漢検 漢字博物館・図書館の展示企画に資する調査研究を行います。

 

漢検 漢字文化研究所 所長:阿辻哲次(2017年6月就任)

1951年大阪府生まれ。 1980年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。

静岡大学助教授、京都産業大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。

文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として2010年の常用漢字表改定に携わる。

専門は中国文化史、中国文字学。人間が何を使って、どのような素材の上に、どのような内容の文章

を書いてきたか、その歩みを中国と日本を舞台に考察する。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104083432-O2-r7f2nt4w

 

連続講座は今回がシリーズ第7弾で、外部講師による講座は1年ぶりの開催です。開催実績は以下の通り。

第1弾「漢字文化論」

第2弾「漢字との接触と受容-日本の中の漢字文化-」

第3弾「中国と日本の字書と辞書」

第4弾「明治150年と漢字」

第5弾「若手研究者からの発信―漢字研究の新展開」

第6弾「身近な漢字を考える」

https://www.kanjimuseum.kyoto/kouza/

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103726/202104083432/_prw_OT1fl_9DeGtXj1.png

※開講時間は、各回とも14:00~15:30です。

※講師の所属は2021年3月現在のものです。

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104083432-O4-A3NFJkHk

 

漢字ミュージアムは京都・祇園に2016年6月29日に開館した日本初の漢字に特化したミュージアムです。京都市元弥栄中学校跡地に建設され、ただ漢字を見るだけでなく、触れる・学ぶ・楽しむ展示を通して、いくつもの驚きや発見を生み出す体験型ミュージアムです。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104083432-O16-0qLy2wp0

 

アクセス:

◆京阪本線『祇園四条駅』徒歩5分

◆阪急京都線『京都河原町駅』徒歩8分

◆地下鉄東西線『東山駅』徒歩10分

◆京都市バス『祇園』下車すぐ

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104083432-O17-01yu41N6

 

施設概要

【所在地】〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地

【電話】075-757-8686

【FAX】075-531-0340

【WEBサイト】https://www.kanjimuseum.kyoto/

【入館料】大人800円 大学生・高校生500円 中学生・小学生300円 未就学児・障がい者 無料

【開館時間】 9:30~17:00 ※当面、平日は11:00、土日祝は9:30開館(いずれも16:30最終入館)

【休館日】月曜 ※当面、月曜・火曜休館(いずれも、休館日が祝日の場合は翌平日に振替)

 

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「日本語の歴史の専門家が、さまざまな角度から漢字を論じる連続講座『古代日本と漢字』開講