漢検協会は様々な形で子どもたちの楽しい学びを支えます。

2021年4月9日
公益財団法人 日本漢字能力検定協会

 公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区/代表理事:髙坂節三/以下、当協会)は、富士通Japan株式会社にて保有する手書き文字採点技術を活用した小中高向けドリルシステム「FUJITSU 文教ソリューション K-12 個別学習支援 V1 ペンまーる」(以下、ペンまーる)に「日本漢字能力検定」の級設定に基づいた練習問題の提供を開始いたします。

 当協会は、これまで日本漢字能力検定や文章読解・作成能力検定といった検定事業や、学習教材の開発を通じて、日本語・漢字の習得や学ぶ意欲の醸成に貢献すべく取り組んでまいりました。現在、コロナ禍やGIGAスクール構想(注1)の推進によって、学校現場では急速にデジタル化が進んでおります。大きな環境変化を迎える中、少しでも学校現場のご要望にお応えし、児童・生徒の学びの支えとなるために、富士通Japan株式会社のご協力を得て、すでに多くの学校現場で活用されている「ペンまーる」に練習問題を提供することにいたしました。
 当協会は、今後も時代や教育の現場に応じた学習支援を行い、より多くの児童・生徒の学びに貢献してまいります。
                                                             
「ペンまーる」に提供する練習問題について
【対象コンテンツ】漢検10~2級に基づいた各級5回分の学習プリントと力試しプリント
【学習対象者】タブレット端末を学校の授業で利用する児童・生徒
【学習方法】「ペンまーる」のwebブラウザ上から「日本漢字能力検定」の学習コンテンツにアクセスし、練習問題を解きます。解答後に答え合わせボタンをクリックすると自動採点(注2)が行われ、すぐに解答結果を確認できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103292929-O1-DUhz8R2Z
                             ペンまーる シート採点結果
                

「ペンまーる」の特長
1. 手書き学習ができる!とめ、はねなどの漢字特有の細かな表現まで確認できます
  児童・生徒がタブレット端末上にペン入力した解答筆跡について、漢字の書き順やとめ、はねなどの漢字特有の細かな表現を含めて、正解筆跡と比較可能です(注3)。児童・生徒は、自動採点機能により、すぐに答え合わせや採点ができ、間違いについては正しい内容を即座に確認できます。
    
2. 教員用の画面から児童・生徒の学習状況や解答内容が把握できます
 教員は、システムに蓄積された児童・生徒の全解答データを専用画面から参照でき、一人ひとりの学習の進捗状況や理解度、学びの定着度をリアルタイムに確認できます。

3. Windows OSに加え、新たにiOSとChromeにも対応
 「ペンまーる」は、これまでWindows OSを搭載したタブレット端末のみに対応していましたが、幅広い児童・生徒に対する学びの環境を実現するため、2021年4月より、iOS、およびChromeを搭載したタブレット端末でも利用できるよう対応されています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103292929-O2-1sKpZVIl

【注釈】
(注1)GIGAスクール構想:全国の学校に通う児童・生徒に向け、一人1台の端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された教育を全国の学校現場で持続的に実現させる構想。
(注2)自動採点:採点基準は「ペンまーる」独自の手書き文字採点技術に基づくもので、「日
本漢字能力検定」の採点基準とは異なる部分があります。
(注3)富士通Japan株式会社が保有する手書き文字採点技術によるもの。
    
【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【関連リンク】
・「FUJITSU 文教ソリューション K-12 個別学習支援 V1 ペンまーる」紹介サイト:
https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/education/school/learning/penmaru/
・トライアルサイト:
https://marnavication.jp.fujitsu.com/kankenk.html
・当協会オフィシャル商品紹介サイト:
https://www.kanken.or.jp/kanken/outline/official.html

以上

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「富士通グループの「ペンまーる」に練習問題を提供。