2021年2月19日
https://www.city.maniwa.lg.jp/soshiki/40/39913.html

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102191254-O1-265H0v8r
真庭市では、隈研吾氏の設計により東京・晴海に建設したCLTパビリオン(CLT:直交集成板。木造の高層建築が可能な部材で、真庭市の銘建工業が国内最大メーカー)を、国立公園蒜山に移築し、新たな観光文化発信拠点として生まれ変わらせる「蒜山⇔晴海プロジェクト」を進めています。

コンクリート建築は一度建てたら壊すしかありませんが、木造の建物は移築可能です。木の持つ持続可能性を表現したこの建築物を真庭市に移築することで、木の国・真庭を世界に発信しようというプロジェクトで、環境省が進めるローカルSDGs「地域循環共生圏」(つなげよう森里川海)とも連携しています。

現在、7月のオープンを目指し、CLTパビリオンを中核として、隈研吾氏の建築作品等を展示するミュージアム、ビジターセンター、サイクリングターミナル等を建設中で、(株)阪急阪神百貨店と共同で「自然共生」をテーマにしたブランド“GREENable”を立ち上げ、発信していくこととしています。

2月22日に、隈研吾建築都市設計事務所の隈研吾氏、阪急阪神百貨店山口社長、環境省とともに、太田昇真庭市長が記者会見を行います。皆様におかれましては、時節柄ご多用の折とは存じますが、何卒ご出席を賜りますようお願い申し上げます。

日時:令和3年2月22日(月) 15時30分〜17時00分
場所:WEBによる配信
申込:sangyou@city.maniwa.lg.jpまでメールをお送りください。URLをお送りします。
※一般の方からの参加はご遠慮いただいております。ご了承ください。

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「真庭市蒜山観光文化発信拠点の愛称決定およびCLTパビリオンの愛称の世界公募を報告します