~データ活用の自由度を向上、BI,RPAの利用でさらなる経営管理の質向上を目指す~

2021年1月26日
株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
キオクシアホールディングス株式会社

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)とキオクシア株式会社(以下:キオクシア)は、キオクシアを中心とするキオクシアグループ(注1)の共通会計システムを2020年10月より、株式会社NTTデータ・ビズインテグラル(以下:NTTデータ・ビズインテグラル)が販売するERPパッケージソフトウエア「Biz∫®(ビズインテグラル)」で更改し、2021年1月に本格運用開始後初となる四半期決算の処理を滞りなく完了しました。
3社は、東芝グループの共通会計基盤からシステムを更改することにより、キオクシアグループに適した形で経理業務の最適化や経営情報の見える化を実現しています。さらに、BIソリューション「Tableau™」による情報の見える化、RPAによる運用の自動化といったICT技術を活用しています。
今後3社は、電子帳簿保存法改正対応に向けた証憑電子化・ペーパーレス化の推進に向け連携を強化することで、キオクシアグループにおける経理業務の標準化・効率化、経営管理の高度化・迅速化を目指します。

【背景】
キオクシアは、事業譲渡による東芝連結対象からの離脱をきっかけに、業務・運用改善に向けた取り組み、ならびに、新しい経理システムへの迅速かつ確実な移行を大前提として、2019年3月に共通会計システム更改プロジェクトを開始しました。本プロジェクトにおいては、大規模共通会計システムの構築運用実績やノウハウを豊富に有するNTTデータが、柔軟性・拡張性に優れたERPパッケージソフトウエア「Biz∫」および、BIソリューション「Tableau」を活用することで、システムの構築を約1年半で実施し、2020年10月よりシステムが本格稼働を開始しました。そして今回、本格運用以降初めてとなる四半期決算の処理を2021年1月に滞りなく完了しました。

【キオクシアグループの共通会計システムの概要】
共通会計システムは、ERPパッケージソフトウエア「Biz∫会計」および「グループ統合データベース」を中核として構築することで、キオクシアグループに適した機能・オペレーションを実現しています。また、BIソリューション「Tableau」を活用することで、データ活用の自由度を向上するとともに、直感的かつ迅速な経営分析を実現しています。これにより、財務・管理双方の要件を満たしながら経営管理の質向上に寄与します。また、システム基盤には将来の拡張性にも優れた「intra-mart®」基盤を採用することで、環境の変化に柔軟に対応できるシステムを構築しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101250161-O4-1JSDM1jo】  図:キオクシアグループ 共通会計システム概要(※2021年1月現在)

【導入の効果】
<キオクシアグループに適したデータ活用の自由度を向上>
財務会計データの活用をキオクシアグループに適した形で実現しています。BIソリューション「Tableau」により経営情報の可視化を行うことで、従来のシステムに比べ、事業状況・KPIの即時把握が行いやすくなります。

<システムの柔軟性・拡張性を向上>
「Biz∫」および「intra-mart」の柔軟性・拡張性を生かし、証憑電子化やペーパーレス化といった、将来のデジタル対応を見据えたシステムの拡張が可能となります。

<法改正・内部統制への適時適切な対応>
 国産ERPの活用により、日本の法改正に合わせ適時適切にシステムを対応することが可能となるとともに、データ改ざん・誤入力の防止、ワークフローと連携した監査証跡の記録、利用ユーザーに応じた柔軟なシステム権限設定といった内部統制の強化が可能となります。

【各社の役割】
NTTデータ・・・ERPパッケージソフトウエア「Biz∫」の導入・展開、
         各システムとのインターフェース・システムインフラの構築
         システム構築後の展開・保守運用
         共通会計システム更改プロジェクト事務局の支援
NTTデータ・ビズインテグラル・・・ERPパッケージソフトウエア「Biz∫」の販売・保守
キオクシア・・・共通会計システム更改プロジェクト事務局の運営

【今後について】
今後3社は、電子帳簿保存法改正対応に向けた証憑電子化・ペーパーレス化の推進に向け連携を強化することで、キオクシアグループにおける経理業務の標準化・効率化、経営管理の高度化・迅速化を目指します。

【参考】
■ ERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」について
「Biz∫」は、NTTデータグループが提供する大企業向け出荷本数シェア1位(注2)のERPパッケージです。会計・販売・購買・人事などの基幹業務アプリケーションはもちろん、ワークフロー、マスターデータ管理、他システム連携、統合運用管理といった共通系ラインナップも豊富に擁し、加えて、業務モジュール別・利用ユーザー数別でのライセンス購入が可能なことから、2011年の本格展開以来、1200社を超えるお客さまに採用されています。近年は、アナログプロセスの効率化・自動化および、デジタルソリューションとの連携を推進することで、ERPをはじめとするバックオフィス領域のデジタル化サポートを進めています。

(注1)キオクシア及びキオクシアホールディングスを含む国内連結子会社
(注2)出典:富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2020年版』の「大規模企業向けERP」パッケージ(数量)部門
*「Biz∫」は、株式会社NTTデータおよび株式会社NTTデータ・ビズインテグラルの登録商標です。
*「Tableau」は、Tableau Softwareの商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
*本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「キオクシアグループ、共通会計システムを「Biz∫」で更改