業務改革やDXを@プロパティで推進

2020年11月19日
プロパティデータバンク株式会社

 不動産管理クラウドサービス「@プロパティ」を提供するプロパティデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:板谷敏正、証券コード:4389)は、店舗リース事業を中心に総合支援サービスを手掛ける店舗流通ネット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸所岳大)に導入された「@プロパティ」の導入事例インタビューを2020年11月18日に公開しました。

 店舗流通ネット株式会社は、3,000件以上の出店ノウハウを活かし、独自のビジネスを全国に展開しています。同社は創立以降、初期投資を抑えた出店サービスを提供するとともに、で「業務委託型店舗ビジネス」という唯一無二のビジネスモデルを確立させたパイオニアでもあります。また、店舗を軸に、人材・プロモーション・工事事業など、ビジネスを展開しております。
 その管理受託業務をこれまでEXCELベースで行っていたため、作業の限界などの課題解決に向けたアプローチを模索する中で、「データ一元化・ペーパーレス化による業務効率化」「ユーザー(飲食店)とのコミュニケーションの効率化」「物件あたりの利益のタイムリーな把握」の3つの要件を全て満たすソリューションとして「@プロパティ」を導入していただきました。

 この導入により、データ一元化、ペーパーレス化により社内業務が効率化し、マンスリーレポート作成作業が4日から半日にまで短縮、社員のITスキルが大きく向上し、DXのきっかけづくりにも寄与したとコメントいただいております。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「プロパティデータバンクが提供する不動産管理クラウド「@プロパティ」を店舗流通ネット株式会社が導入