HO CHI MINH CITY, VIETNAM, Apr 29, 2021 - (Media OutReach) - ホーチミン市開発商業銀行(HCM City Development Joint Stock Commercial Bank、HOSE: HDB、以下「HDBank」)の副会長であるグエン・ティ・フオン・タオ(Nguyen Thi Phuong Thao)は、本年は当行の5ヵ年計画の初年度であり、あらゆる面で新たな高みに到達するため、より多くの活動を行うことを計画しており、HDBankのエコシステム全体にとって多忙な年であると語りました。

4月23日に開催された年次株主総会で、タオ氏はまた、同行では事業戦略の改革、人材育成、デジタルトランスフォーメーション、パートナーとの協力強化のための主要なプログラムやプロジェクトも計画していると述べました。

「また国内および海外の戦略的パートナー、大企業顧客、外資系企業、中小企業と常に連携し、国内外市場の事業ネットワークを拡大していきます。」

「新規の戦略的投資家を迎え、貿易金融プログラムを共同で拡大し、投資銀行業務やその他の高度な金融サービスを展開していきます。」

HDBankは、株主および投資家の皆様に最高の価値と利益をもたらし続けることを約束し、過去数年間の大規模かつ定期的な配当を維持するとタオ氏は約束しました。

また、同行は強固な基盤、優れた業績、最高の国際基準を満たす透明性を備え、株主および投資家の皆様と手を取り合い、新たな成功と利益に向けて、歩んでいくと述べました。

タオ氏によると、HDBankは設立以来30数年で目覚ましい成長を遂げ、総資産、株主資本、財務指標ともに基本的に約10倍の成長を遂げており、株主資本利益率は常に20%を超えています。

同行はベトナムの8大商業銀行の1行であり、株式市場におけるVN 30を構成する主要企業です。

「2020年、HDBankはパンデミックを勇敢に乗り越え、あらゆる状況に柔軟に対応する大規模で強力な銀行の能力を証明し、過去最高の利益を達成しました。HDBankは、今日ほど強固な財務基盤、強さ、優れたポジション、回復力を備えていたことはないと言ってよいでしょう」

同行は、今後5年間(2021年-2025年)の新たな開発戦略において、新しいより大きな目標やビジョンを実現するために必要な条件をすべて備えています。

2020年、同行は最大65%の配当を支払い、転換社債による資金調達を行い、Tier2資本に1億6,000万米ドルを追加する計画を実行し、2021年のM&Aに向けて準備を整えました。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「HDBank、パフォーマンスの水準を高め続ける