TOKYO, Apr 20, 2021 - (JCN Newswire) - Hondaは、国内外の運転免許教習所などでご利用いただいている安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」を、最新車両装備の採用やソフトウエア設定項目の追加など機能を充実させ、日本国内にて4月20日(火)に発売しました。

今回のマイナーモデルチェンジでは、2010年のフルモデルチェンジ以来の大幅改良を実施し、「危険に対する認知や判断、予測能力を向上させる」というコンセプトはそのままに、最新のHonda車で使用しているシートやステアリング、セレクトレバーなどを採用。またソフトウエアは「第一種免許普通用」に加えて、これまでオプション設定としていた「第一種免許大型・中型用」「第二種免許普通・大型用」を標準装備とするなど機能を充実させながら、従来よりも大幅にお求めやすい価格に設定しました。

ドライビングシミュレーターは、Hondaが長年培った安全運転のノウハウを活かし、実際の交通状況を想定しながら危険を安全に体験できる安全運転教育機器として、2001年に発売されました。国内外の運転免許教習所や研究機関で活用いただいており、危険予測体験後の充実した振り返り学習機能や実際のクルマに近い運転感覚のある操作性でお客様にご好評をいただいています。

安全運転教育用シミュレーターとしてはドライビングシミュレーターの他にも、ライディングシミュレーターや自転車シミュレーター、四輪車の簡易型シミュレーターも販売しており、幅広いモビリティの運転者を対象に、危険予測の能力や安全意識の向上を図っています。

Hondaは、1970年の安全運転普及本部設立以来、一貫して「ヒト」に焦点を当てた安全運転普及活動を行っており、その取り組みの基本となるのが「人から人への手渡しの安全」と「参加体験型の実践教育」です。今回発売するドライビングシミュレーターは、「参加体験型の実践教育」に欠かせない重要なツールとなっています。

Hondaは、2030年ビジョンで「交通事故ゼロ社会の実現をリードする」を掲げています。この50年間の活動で培った国内外での交通安全教育のノウハウを活用して、全ての交通参加者に安全・安心で「自由な移動の喜び」をお届けできる社会の実現を目指し、これからも安全運転普及活動を継続・進化させていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210420b.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」をマイナーモデルチェンジし発売