TOKYO, Apr 19, 2021 - (JCN Newswire) - Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 総経理 井上勝史)は、2021年4月19日現地時間11時30分(日本時間:12時30分)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

Hondaは、中国・上海で開催中の2021年上海モーターショー(第19回上海国際自動車工業展覧会、プレスデー:4月19日~20日 トレードデー:4月21日~23日 一般公開日:4月24日~28日)において、中国初となるHondaブランド電気自動車(EV)のプロトタイプモデル「Honda SUV e:prototype(ホンダ エスユーブイ イープロトタイプ)」を世界初公開しました。

Hondaは中国において、5 年以内に 10 機種 の Honda ブランドの EV 投入をします。Honda SUV e:prototype をベースとする量産モデルは、 2022 年春の発売を予定しており、Honda ブランドの EV の象徴的な第1弾となります。さらに、「2050年にカーボンニュートラルを実現する」という目標達成に向け、商品だけではなく、電動社会をより広い視野でとらえ、数々の総合的な戦略を展開してまいります。

Honda四輪ブースでは、広汽Hondaとして初※1となるプラグインハイブリッド搭載モデル「BREEZE PHEV」をはじめ、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EVによる電動車の総合ラインアップを出展しています。さらに、今年3月に中国で発表した「第3世代Honda CONNECT」や、次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS※2」の技術訴求ブースでは、毎日の移動における安全・快適に貢献する新たな技術を体験できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/4210419.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、2021年上海モーターショーで「Honda SUV e:prototype」を世界初公開