TOKYO, Apr 16, 2021 - (JCN Newswire) - 当社グループは、グローバル社会における脱炭素化への流れが加速する中、2030年度の事業所における温室効果ガス(以下、GHG)排出削減目標を2013年度比で33%削減から71.4%削減まで引き上げ、2017年に取得したSBT(注1)の「2度水準」を更新し、今回新たに設定した目標が「1.5度水準」との認定を受けました。

併せて、このGHG排出削減目標をバックキャストした目標も含め、2021年度から2022年度までの環境目標の実行計画として、「第10期富士通グループ環境行動計画」を策定しました。

当社グループは、環境行動計画を通じ、サプライチェーンを含む自社グループの環境負荷低減の推進とともに、お客様・社会の脱炭素化、気候変動への適応、環境・社会課題の解決にテクノロジーで今後も貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/04/16.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、グループにおける温室効果ガス排出削減目標を「1.5度水準」に引き上げ