TOKYO, Apr 9, 2021 - (JCN Newswire) - Hondaの日本におけるモビリティサービス事業会社であるホンダモビリティソリューションズ株式会社(本社:東京都港区社長:高見 聡)は、2021年4月9日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaのカーシェアサービス「EveryGo(エブリゴー)」は、シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」・「HELLO CYCLING」、及び小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)のMaaS(Mobility as a Service)アプリ「EMot(エモット)」との連携を2021年4月※から順次開始します。出発地点からEveryGoステーションへの移動にシェアサイクルをご利用いただくことで、公共交通機関とEveryGoのシームレスな乗り継ぎが可能になります。さまざまな移動手段を組み合わせることで、出発地から目的地までのスムーズで快適な移動体験の提供を目指します。

EveryGoとは

クルマを使いたい時に、スマホアプリなどで予約し、無人のステーションから借り出せるカーシェアサービスです。会員登録は無料で、予約したクルマに搭載された専用機器にICカード運転免許証をタッチするだけでドアロックを解錠でき、そのままお乗りいただけます。

平日は短時間利用が多いという利用者ニーズに合わせて、15分単位での利用が可能。一方で、休日はお手頃な料金でHonda車をじっくりお試しいただけます。

2017年に開始した本サービスは、現在東京、福岡、大阪、愛知、神奈川、千葉、福島の7都府県で展開し、2021年3月現在、約140拠点・約200台で運営しています。男女問わず20~40代を中心に多くのお客様にご利用いただいています。

シェアサイクルサービスとの連携について

福岡市、名古屋市、東京都台東区・墨田区で展開しているCharichari、東京都、神奈川県などを中心に展開しているHELLO CYCLINGという2つのシェアサイクルサービスとの連携を開始し、EveryGoアプリ上でシェアサイクルの貸出/返却ポートや、利用可能な自転車の情報が確認できるようになりました。

今回の連携開始により、出発地からEveryGoステーションまでシェアサイクルで移動し、予約したクルマに乗り換えることで、スムーズに移動できるようになります。

なお、ホンダカーズ東京中央の3店舗(野沢店・三鷹店・蒲田店)では、EveryGoステーションに加え、HELLO CYCLINGのシェアサイクルも設置しています。

小田急電鉄のMaaSアプリ EMotとの連携について

小田急電鉄のスマートフォン向けMaaSアプリEMotとの連携を2021年6月から予定しています。EMotは電車・バス・シェアサイクル・デマンド交通・カーシェアなどさまざまな「行き方」をユーザーに提案するアプリで、移動手段の一つとしてEveryGoが利用可能になります。

今回の連携開始により、EMotでEveryGoのステーションを検索しやすくなり、電車で出かけた先でEveryGoに乗り換えて移動する、といった複数の移動手段を組み合わせた移動がより便利になります。

ホンダモビリティソリューションズは、今後もさまざまな分野のパートナーと連携し、新たな移動体験の提供と、新サービスの創出を目指していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210409.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Hondaのカーシェア「EveryGo」がシェアサイクルサービス「Charichari」「HELLO CYCLING」、及び小田急電鉄のMaaSアプリ「EMot」と連携