TOKYO, Apr 9, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)とKCJ GROUP 株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:圓谷 道成、以下KCJ GROUP)は、こども向け職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)の「運転免許試験場」パビリオンを4月9日よりリニューアルしました。また、「レンタカー*1」パビリオン内のレンタカーも順次リニューアル予定です。

リニューアルした「運転免許試験場」では、新たにドライビングシミュレーターを導入し、楽しみながら、安全な運転方法や交通ルールを身につける教習を受けることができます。また、「レンタカー」では新たに『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー)*2』や『エクリプス クロス』、『デリカD:5』などにもお乗りいただけるようになります。

三菱自動車は、自動車の運転や自動車業界へのこども達の関心を高めること、さらに自動車の社会的役割を知ってもらうことを目的に、2006年10月に「キッザニア東京」、2009年3月に「キッザニア甲子園」にパビリオンを出展しました。自動車の本来の魅力や楽しさ、走る喜びを感じてもらうだけでなく、社会生活の中で必要な協調性や積極性、コミュニケーション能力など生きる力を身につけることを期待しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detaill409.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自動車、「キッザニア甲子園」の出展パビリオンをリニューアル