TOKYO, Apr 7, 2021 - (JCN Newswire) - NECおよびNECプラットフォームズは、オフィスや学校などにおいて安全・安心で信頼性の高いネットワークの構築が可能なVPN対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IXシリーズ」の新製品「UNIVERGE IX2310」を製品化し、本日より販売活動を開始します。

新製品は、従来製品(注1)に比べ、約5倍の通信速度となる10Gbpsのデータ転送が可能です。リモートワークの急速な普及により通信トラフィックが逼迫する企業のネットワーク環境を改善するとともに、GIGAスクール構想の下、PC一人一台等の施策を進める教育現場において安定した通信環境を構築します。

特長

1. 4ポートの10Gイーサネットポートを備え、10Gbpsの超高速インターネット接続サービスに対応しています。Wi-Fi 6の普及により高速化したLAN環境にも適応し、ミドルクラスのルータとしてコストを抑えながらも快適な通信環境の構築を実現します。またVPN性能は4Gbps、VPN対地数も256となり、中小規模のセンタールータとしても適しています。

2. ローカルブレイクアウト(注2)を実現するURLオフロード機能(注3)を強化し、リアルタイム性が要求される音声・映像のパケット通信に用いられることが多いUDP(User Datagram Protocol)に対応しています。これにより、拠点間をVPNで接続しインターネットアクセスをデータセンターに集約している場合でも、オンライン会議の通信は直接拠点からインターネットへアクセスできるように制御することが可能となります。リモートワークの普及により負荷が増大しているネットワークの通信品質向上に貢献します。

3. NECプラットフォームズのクラウド型統合管理サービス「NetMeister」およびゼロタッチプロビジョニング機能に対応しています。これにより、リモートでの保守を可能にするとともに、拠点へのルータ導入時にキッティング作業が不要になります。

本製品の発売に合わせ、「NetMeister」の機能を大幅に強化する有償プラン「NetMeister Prime」のサービス提供を開始します。本サービスでは、対応機器のコンフィグ自動バックアップ機能や統合設定機能の提供、証跡管理機能の強化などを通じて、より円滑な運用に貢献します。

「UNIVERGE IXシリーズ」は、2020年11月に100万台出荷を達成しました。今後もNECでは「UNIVERGE IXシリーズ」の提供を通じて、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超え賢くつなぐ「NEC Smart Connectivity(注4)」を推進していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202104/20210407_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、10Gps対応の企業・学校向け小型ルータ「UNIVERGE IX2310」を販売開始