TOKYO, Apr 5, 2021 - (JCN Newswire) - Hondaは、「技術は人のために」という創業以来変わらない想いの下、Hondaの持つ技術をさまざまな業種・領域でご活用いただき、「生活の可能性が拡がる」新たな商品・サービス開発を後押しするため、技術ライセンスの窓口となるWebサイトを本日公開しました。

Hondaは二輪・四輪・ライフクリエーション・航空機と幅広く事業を展開し、商品やサービスの開発だけでなく、将来に向けてさまざまな分野で研究を行っています。こうした活動の中で生まれた技術・ノウハウは、特許としてHondaが保有しており、その件数はグローバルで5万件を超えています。自動車などの製品に用いられる技術は、強度や耐久性など求められる過酷な条件をクリアしており、Honda製品以外にも、さまざまな製品への適用が可能だと考えています。

Hondaには創業以来変わらない「技術は人のために」という想いがあり、Hondaが開発した技術・ノウハウを幅広くさまざまな業種・領域でご活用いただくことで、より多くの人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供したいと考え、これまでも技術のライセンス活動を行ってきました。一例を挙げると、N-BOXのシートに使われている抗ウイルス・抗アレル物質布地「アレルクリーンプラス」はオフィス家具メーカーにオフィスチェアのクロスとして採用され、LEGENDに使われていた夜間歩行者認識技術は、株式会社スワローインキュベートでAPI・SDK※化したものが、半導体メーカーで利用されています。また株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンが開発したマルチドメイン対話システムフレームワーク「HRiME(エイチライム)」は、株式会社Nextremer(ネクストリーマー)のリモート接客システム「Remosis(リモシス)」に使われているなど、異業種での技術活用が広がっています。

今回、さらに幅広くさまざまな業種・領域でHondaの技術を活用いただくため、技術活用の窓口となるWebサイトを公開しました。Webサイトには、ライセンス可能な技術が掲載されており、問い合わせフォームから、ライセンス契約のご相談が可能です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210405b.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、独自技術の社外活用を加速するため、技術ライセンスWebサイトを公開