TOKYO, Apr 1, 2021 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、不飽和ポリエステル樹脂及び成形材料「リゴラック(R)」およびビニルエステル樹脂「リポキシ(R)」の販売価格を下記の通り引き上げることを決定致しました。

1.価格改定の内容

1)値上げ幅
不飽和ポリエステル樹脂(リゴラック(R)):37円/Kg
リゴラック(R)BMC :14円/Kg
リゴラック(R)SMC :18円/Kg
ビニルエステル樹脂
(リポキシ(R)/スチレン系):45円/Kg
(リポキシ(R)/非スチレン系):49円/Kg

2)実施時期
2021年4月16日出荷分より

2.価格改定の背景

原油、ナフサ、ベンゼン等の価格高騰ならびに石油化学製品の需給バランスの影響により、不飽和ポリエステル樹脂製品「リゴラック(R)」の主原料である酸、グリコール類、「リゴラック(R)BMC」、「リゴラック(R)SMC」の原材料であるガラス繊維、ビニルエステル樹脂製品「リポキシ(R)」の主原料であるエポキシ樹脂等、主原料、原材料の価格全般が大幅に上昇しております。

当社では、生産合理化をはじめ各種コスト削減に努めてまいりましたが、自助努力だけでは今回の急激な主原料・原材料価格の上昇を吸収するのは極めて困難となっております。このため、製品の安定供給体制を維持するため、お客様に価格改定をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2021/37999.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「昭和電工、不飽和ポリエステル樹脂及びビニルエステル樹脂の価格改定を発表