TOKYO, Mar 31, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、このたび、総額100億円のコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)ファンドである「合同会社富士通ベンチャーズファンド」を2021年4月1日に組成し、新たにCVCファンド運用子会社「富士通ベンチャーズ株式会社」による運用を開始します。

当社は2006年に1号CVCファンドを設立して以来、2010年に2号ファンド、2015年に3号ファンドを設立して国内外の有望なスタートアップへの投資を実行し、一定の成果を挙げてきました。また、2015年にはベンチャー共創活動「FUJITSU ACCELERATOR」を開始し、スタートアップ100社以上との協業を推進しているのに加えて、2020年には「Strategic Growth & Investment室」を新設し、スタートアップ投資を含む当社グループの非連続的成長(Inorganic Growth)活動を主導しています。

昨今のビジネス環境において、イノベーションの創出ならびにDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速を目指すうえで、革新的なスタートアップとの連携は重要性を増すばかりです。このため、当社経営方針における重要施策である成長投資の一環として、新CVCファンドの組成により「Strategic Growth & Investment室」のスタートアップ投資機能をさらに強化し、より柔軟かつ迅速な投資活動の実現を目指します。また、スタートアップと当社との協業においては「FUJITSU ACCELERATOR」との連携をさらに密接にし、DXを支えるテクノロジーの強化に加え、ビジネス機会創出と新事業を推進するための投資を実行していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/31.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、DXの加速に向けコーポレートベンチャーキャピタルファンドおよび運用子会社を設立