TOKYO, Mar 31, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、医師や看護師などの勤務状況や職員情報などの一元的な管理を実現するソフトウェア「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE タイムリフォーマー V1(以下、HOPE タイムリフォーマー)」を開発し、富士通Japan株式会社(注1)(以下、富士通Japan)から、2021年4月1日より提供開始します。

「HOPE タイムリフォーマー」は、24時間365日をシフトで勤務する看護師向けの勤務表作成機能や、職種や業務で異なる複雑な勤務形態を踏まえた勤務時間や各種手当を一元的に管理する機能などを備えており、個々の医療従事者の勤務状況や年休取得、残業手当などを容易かつ正確に把握し管理できます。これにより、医療機関は、法律に準拠した適正な労働時間管理や、労働時間の可視化による業務分析が可能になります。

当社は、本製品の提供を通じて、2024年4月に医療従事者にも適用が始まる、働き方改革関連法の時間外労働上限規制への対応に向けた医療機関における労働時間管理の適正化を支援します。また、個々の看護師の経歴や教育受講情報などを可視化することで、タスクシフトやタスクシェアを推進するなど、医療従事者のリソースマネジメントも含めて医療機関の働き方改革に貢献していきます。

また、「HOPE タイムリフォーマー」の勤怠情報と連携することで、個人だけでなく組織の時間外労働状況や電子カルテ端末などの利用時間と勤怠情報の乖離を可視化できる「FUJITSU Software TIME CREATOR ヘルスケア(以下、TIME CREATOR ヘルスケア)」を株式会社富士通エフサス(注2)が開発し、2021年4月中に、富士通Japanから提供を開始します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/31-2.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、医療従事者の働き方改革を支援する「HOPE タイムリフォーマー」を提供