TOKYO, Mar 30, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、先端技術を活用したスマートファクトリーの実現に向け、ネットワーク機器の製造拠点である小山工場 (所在地:栃木県小山市)において、現場作業の自動化や遠隔支援など業務のDXを実現する4.7GHz帯のSA(注1)および28GHz拡張周波数帯のNSA(注2)で構成したローカル5Gシステムの運用を3月30日より開始します。

同工場内に現場を構え、ローカル5Gをはじめとするネットワーク機器の製造を手がける富士通テレコムネットワークス株式会社(本社:栃木県小山市、代表取締役社長:森 哲也)では、AIやIoTなどの先進技術を活用しながら人を中心としたスマートものづくりを追求しています。その中で、高精細映像やセンサーデータなどの大容量で膨大なデータを活用した効率的な技術伝承や作業の高精度化、自動化を目指しており、今回、それらの実現に向けて、電波の到達距離や使用用途に応じたローカル5Gのネットワークを構築し、現場の業務へ適用していきます。

建屋内や建屋間の部品や製品の運搬作業においては、電波の到達距離が長い4.7GHz帯のネットワーク(注3)を活用して、工場内を走行する無人搬送車とのリアルタイムな通信で、高精度な位置測定と走行制御を行い、自動化します。作業者による組立作業においては、広帯域で大容量のデータ通信に適した28GHz帯のネットワークを活用して、工場内に設置した多数の高精細4Kカメラで撮影した製品や作業などの映像をエッジコンピューティング環境(注4)に高速伝送してAI(注5)による映像解析を行い、正しい動きをしているかをリアルタイムにフィードバックします。また、MRデバイス(注6)を活用した現場作業のトレーニングや遠隔支援も行います。

今後、当社は小山工場における様々な業務へローカル5Gを適用して検証を進め、2021年度内に製造業向けのサービス提供を目指します。

なお、本内容については、4月19日(月曜日)から23日(金曜日)までオンラインで開催されるInteropTokyo 2021にて紹介します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/30.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、自社工場において現場作業の自動化や遠隔支援を行うローカル5Gシステムを運用開始