TOKYO, Mar 29, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、当社が三井E&S造船株式会社(以下、三井E&S造船)の艦艇・官公庁船事業を譲り受けることで株式会社三井E&Sホールディングス(以下、三井E&Sホールディングス)と最終合意し、このほど同社との間で譲渡契約を締結しました。

三井E&Sホールディングスの事業会社である三井E&S造船は、補給艦や海洋観測艦といった防衛省向け艦艇や巡視船、漁業取締船など官公庁船の建造や修理に強みを持ち、また近年では水中無人機や水上無人機といった新技術の開発にも積極的に取り組んでいます。

一方で当社は、陸・海・空にまたがる防衛装備品事業を一元的に運営し、技術的シナジーを発揮するなかで、機能・性能ならびにコストパフォーマンスに優れた最新鋭の艦艇を開発・設計・建造し、就役後の維持整備にも積極的に対応しています。近年は、省人化や無人化、サイバーセキュリティ、ライフサイクルコストの低減といった顧客の抱える課題に応え、従来の枠組みにとらわれない新しい護衛艦の開発に注力しております。

今回の最終契約締結により、三井E&S造船が営む艦艇・官公庁船事業(水中・水上無人機を含む)を当社が事業会社として譲り受け、引き続き玉野艦船工場で事業を運営していきます。

三井E&S造船は、製品や保有技術において当社と親和性や補完関係があります。三井E&S造船で長年培われてきた技術や貴重な人材を承継することにより、当社は艦艇・特殊機械事業をさらに強化し、日本の海洋安全保障へ一層貢献するとともに企業価値の向上をはかります。また、サイバーセキュリティ製品や無人機システム製品などのデュアルユースの分野にも幅広く、積極的に取り組み、安全・安心な暮らしの実現に寄与していきます。

今後、公正取引委員会など関係当局の必要な審査を経て、2021年10月を目途に譲受けの完了を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/21032902.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱重工、三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する最終契約締結