TOKYO, Mar 26, 2021 - (JCN Newswire) - 当社グループは、2018年に国際的なイニシアチブである「RE100(注1)」に加盟し、国内外の当社グループ拠点で使用する電力における再生可能エネルギー(以下、再エネ)の利用を2030年までに40%以上、2050年までには100%にすることを目指しています。これまで再エネの導入にあたっては、供給量が潤沢である欧米拠点を中心に拡大してきましたが、国内での導入拡大が課題となっていました。

そこで、今後の国内での本格導入を見据え、当社では、フラッグシップモデルとして、当社グループで最大規模の川崎工場(本店)で使用する電力量を2021年4月1日より、すべて再エネに切り替えることとしました。なお、この取り組みは、国内グループ電力使用量の約5%に相当します。

今後も、これらの活動を通じ、中長期環境ビジョン「FUJITSU Climate and Energy Vision」に掲げた、当社グループの脱炭素化と、お客様・社会の脱炭素化および気候変動適応へ貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/03/26.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、RE100の達成に向け、グループで最大規模の川崎工場で再生可能エネルギー100%調達を開始