Toyota City, Japan, Mar 25, 2021 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、ダイナ2t積系を一部改良し、3月25日に発売します。

主な変更内容

カーゴ
- 従来3タイプあったディーゼルエンジンのラインアップを2タイプに見直し、N04C-VTエンジンを、より低燃費のN04C-WDエンジンに変更
- ワイドキャブに、高所作業車専用のキャブ付シャシーを新たに設定

TECS(メーカー完成特装車)
- ベース車と同様の改良を施すとともに、車両運搬車では、オートマチック車及び、3.5t積載仕様、また、リフト付トラックでは、オートマチック車及び、ワイドキャブ車のラインアップを充実
- アルミバン(北村製作所の架装車両)では、荷台内の室内灯をLED化し、荷室内での作業性を向上

価格帯(消費税込み)
- カーゴ: 4,720,000円~6,224,000円
- TECS: 5,074,000円~12,463,000円

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/34898691.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「TOYOTA、ダイナ2t積系・ディーゼルエンジンのラインアップを見直し