TOKYO, Feb 24, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、リハビリテーションおよび整形外科に関わる病院やクリニックなどの医療施設を支援するため、AIを活用し患者のリハビリテーションの動画から肩と肘の関節可動域(注1)を自動測定する新たなソリューション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE ROMREC(ホープ ロムレック)」(以下 「HOPE ROMREC」)を2021年2月24日から販売開始します。

「HOPE ROMREC」は、複数のAI画像認識モデルで構成する当社開発の画像分析AIエンジンにより、タブレット端末(注2)を用いて撮影したリハビリテーション動画から3次元骨格を推定することで、患者の肩と肘の角度を自動測定および記録し、可視化するソリューションです。これにより、理学療法士(Physical Therapist、以下 PT)や作業療法士(Occupational Therapist、以下 OT)がこれまで実施していた、ゴニオメーター(注3)を用いて患者の関節の曲がり具合を目視で測定する作業を大幅に効率化でき、理学療法および作業療法の効果の評価や障がい度合いの判定を支援します。

当社は、今後、「HOPE ROMREC」を継続的に機能強化し、関節可動域の測定部位を増やしていくほか、遠隔でのリハビリテーションを実現する仕組みとして、患者が自宅で撮影したリハビリテーションの動画をかかりつけの病院やクリニックへ送付するだけで関節可動域を自動測定する機能などを搭載していく予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/24.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、病院やクリニックなどのリハビリテーション現場を支援する、AIを活用した関節可動域自動測定ソリューション「HOPE ROMREC」を販売開始