TOKYO, Feb 8, 2021 - (JCN Newswire) - NECは5Gの本格的な商用サービスの拡大に向けて、複雑化する課金情報の効率的な処理を実現するため、スウェーデンのDigitalRoute社とパートナーシップに関する覚書を締結しました。

DigitalRoute社は世界400社以上の企業へ、課金情報を処理するメディエーションシステム(注1)を提供しています。これまでNECとDigitalRoute社は、NECの子会社のNetcracker Technology (以下ネットクラッカー社)を通じてBSS (Business Support System、注2) 領域においてパートナーシップを結び、DigitalRoute社製品を展開してきました。この度、NECのクラウドネイティブなSA(Stand Alone)型5Gコアネットワーク(5GC)と、DigitalRoute社のメディエーションのプラットフォーム「Usage Data Platform™(注3)」を連携させることに合意しました。

本パートナーシップにより、5G導入を進める通信事業者などに向けて、NECの5Gコアと顧客のBSSとの連携を迅速に行い、効率的な課金処理を支援し、迅速な事業の立ち上げや収益化を実現します。

NECとDigitalRoute社のパートナーシップによる提供価値

1. クラウド対応により迅速な収益化に貢献
NECの5GCは3GPP標準に準拠しており、クラウドネイティブな構成により顧客のデータセンター、ならびにAWS上での迅速な導入が可能です。DigitalRoute社においても3GPP標準に基づくクラウドネイティブなアーキテクチャを保有しており、NECの5GCにDigitalRoute社の「Usage Data Platform(TM)」をCGF(Charging Gateway Function、注4)として追加することで、顧客の事業の迅速な収益化に貢献します。

2. 5Gの多様なサービスに対応
5G時代においては、通信事業者のサービスメニューの多様化により、様々なサービス提供が想定されています。NECの5GCは3GPP標準に準拠したネットワークスライシングアーキテクチャを採用しており、異なるサービス毎のニーズに応じてネットワークスライスを設定し、さらにDigitalRoute社との連携により各スライス毎の要求条件に対応して、効率的な課金処理を支援します。

3. 5GコアからBSSまでのEnd to End の提供
本パートナーシップに加え、従来からDigitalRoute社とパートナーシップを結んでいるネットクラッカー社のBSSを組み合わせることで、コアノードから料金計算、請求、回収まで含めたEnd to Endでのサービス提供を実現します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202102/20210208_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、5Gの課金情報処理を提供するDigitalRoute社とパートナーシップに関する覚書を締結