Aichi, Japan, Feb 5, 2021 - (JCN Newswire) - 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)とデンソーの子会社である株式会社デンソー九州(本社:福岡県北九州市、社長:浅野 幸男)は、2021年4月1日にデンソーの東広島工場をデンソー九州に移管することをお知らせします。新しい拠点名は、「株式会社デンソー九州 東広島工場」です。

デンソーグループは、これまで西日本において、デンソーの東広島工場ではワイパーシステムやウォッシャーシステムなどの自動車用小型モーターの製造を、デンソー九州の北九州工場および広島工場では熱機器製品、ディーゼルおよびガソリン燃料噴射機器部品の製造を行ってきました。

このたび、事業を超えたノウハウの共有やリソーセスの活用を進めることで、組織的な技術力・総合力を強化するため、デンソーの東広島工場をデンソー九州に移管します。この移管により、デンソー九州は、幅広くさまざまな事業領域の製品生産を行う西日本の生産中核拠点として、より地域に密着して西日本のお客さまおよび地域社会に貢献していきます。

デンソーならびにデンソー九州は、これからもお客さま視点の高品質な製品づくりに取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/newsroom/2021/20210205-01/

概要:株式会社デンソー

詳細は https://www.denso.com/jp/ja/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「デンソー、東広島工場をデンソー九州に移管