Toyota City, Japan, Dec 25, 2020 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、超小型EV「C+pod(シーポッド)」を、12月25日(金)より、EV普及に向けて検討を進めてきた法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売を開始しました。EVの新たなビジネスモデル構築など普及に向けた体制づくりを一層推し進め、個人向けを含めた本格販売については、2022年を目途に開始する計画です。

新型車C+podは、環境に優しい2人乗りタイプのEVとして誕生。人の移動における、1人当たりの高いエネルギー効率を追求しました。日常生活における近距離移動に加え、定期的な訪問巡回といった法人利用や、都市・山間部などそれぞれの地域に即した安心・自由かつ環境に良い移動手段を目指したものです。

トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、EVのさらなる普及を進めていくため、ラインアップを拡充するとともに、「協調」の姿勢でオープンに仲間を募り、新たなビジネスモデルの構築を目指しています。まずは日本で、C+podや歩行領域EV*1、TOYOTA i-ROAD*2を用いて開始。現在、200以上*3もの法人や自治体とともに検討を進めています。

具体的には、今回のC+pod発売を機に、EVならではの新たなサービスを実証的に提供していきます。最適な充電設備工事とCO2フリー電力などのEV向け電力プランについて、1つの窓口でサポートする法人向けワンストップサービス「TOYOTA GREEN CHARGE」を中部電力ミライズ(株)と共同開発。同社ならびに関西電力(株)、東京電力エナジーパートナー(株)と提携して同サービスを展開します。さらに、観光情報とのセットでTOYOTA SHARE*4を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」など、順次進めていく予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/34464222.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「TOYOTA、超小型EV「C+pod」を発売