暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標がある。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表している。NVT(Network Value to Transaction)はネットワークの価値(暗号資産の場合には流通するコインの市場価値)を日毎の取引量で割った比率であり、この値が高ければ取引量に比べてネットワークの価値が高いことを、この値が低ければ取引量に比べてネットワークの価値が低いことを表している。NVTが中期的に一定の値に収斂することを前提とすれば、NVT比率の高低によって、ビットコイン価格が割高か割安かを評価することができる。

ビットコイン(BTC)のNVT比率(=時価総額/日毎の取引量の90日移動平均)を算出すると(時価総額はCoin Market Cap、日毎の取引量はblockchain.infoより)、4月8日時点のNVTの値は183と、過去の平均値よりも高い。8日時点の取引量は6,112,050,100ドルであるが、過去90日間の平均取引高5,948,083,305ドルにNVTの過去平均値130を当てはめると、ビットコインの妥当価格は41,469ドルと算出される。この観点では、足元の市場価格58,302ドルは割高と評価される。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は41,469ドル【フィスコ・ビットコインニュース】