銘柄名<コード>9日終値⇒前日比
三菱地所<8802> 1926.5 +75.0
アフターコロナ関連としての物色続く。

日本ケミファ<4539> 2771 +500
大日住薬と新規抗うつ・抗不安薬候補化合物を共同研究開発。

トリドール<3397> 1907 +115
ワクチン接種後の外出増加を見越した買い、2018年来高値に迫る。

テモナ<3985> 1181 +102
急伸で200日移動平均線を回復。

エーザイ<4523> 10755+1504
アルツハイマー治療薬が米で承認を取得したことを引き続き材料視。

ツナグGHD<6551> 390 +50
人材関連の低位株としてアフターコロナ銘柄物色の流れに乗る。

ジャムコ<7408> 1209 +129
空運関連株の一角として関心が高まる。

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 1112 +109
ワクチン接種進展や米国の渡航制限緩和などでアフターコロナ銘柄が賑わう。

クミアイ化学工業<4996> 920 +75
8日に業績上方修正を発表している。

住友不動産<8830> 4130 +290
モルガン・スタンレーMUFG証券では不動産セクターの買いを再強調。

オンワードHD<8016> 382 +22
5月の月次動向などを評価の動きが続く。

ワタミ<7522> 1046 +35
唐揚げ店の出店加速などが報じられる。

串カツ田中ホールディングス<3547> 2000 +130
一部テレビ番組で取り上げられているもよう。

エアトリ<6191> 3055 +139
STARSHIPと包括契約を締結と発表。

UACJ<5741> 2707 +115
8日に開催のIRデーが評価材料となる。

エスクリ<2196> 533 +25
挙式関連銘柄の強い動きが目立つ。

アーレスティ<5852> 547 +42
低位のEV関連として関心が続く形に。

DDHD<3073> 633 +30
アフターコロナ銘柄として人気化の形に。

リログループ<8876> 2491 +143
8日にはみずほ証券が投資判断を格上げ。

TSI HD<3608> 355 +13
低位のアフターコロナ関連として関心高まる。

ペッパーフードサービス<3053> 512 -39
急ピッチの上昇に対する短期的な過熱感の高まりで。

シスメックス<6869> 11155 -685
エーザイとのアルツハイマー検査キット共同開発を思惑視で前日に急伸。

イーレックス<9517> 1977 -123
目立った材料は観測されず、高値圏で利食い売りが優勢に。

レーザーテック<6920> 19910 -800
足元では投資判断格下げの動きが相次ぐ。

日本電波工業<6779> 976 -88
8日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価引き上げで上昇。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1 三菱地所、日本ケミファ、エーザイなど