<7175> 今村証券 1888 +112
年初来高値。21年3月期の期末配当予想を80.00円とし、前期末(22.50円)から大幅に増額すると発表している。年間配当も同額となる。毎期の業績に応じた配当を行う基本方針に基づく措置。21年3月期の業績予想は開示していないが、1月28日に公表した第3四半期累計(20年4-12月)の純利益は前年同期比206.7%増の7.44億円で着地しており、期末配当の伸び率(255.6%増)の高さが好感されているようだ。

<4488> AIinside 37000 +1650
一時、大幅反発。東海東京調査センターがレーティング「Outperform」、目標株価5万0600円で新規にカバレッジを開始している。AI inside株の前日終値は3万5350円。東海東京は「ビジネス新常態に対応したサービス提供、DXの担い手へ」と評価した上で、21年3月期の予想を売上高47億円(会社予想は44.71億円)、営業利益20億円(同18.60億円)とした。22年3月期予想は売上高が前期比46.8%増の69億円、営業利益が51.0%増の31億円。ただ、買い一巡後は上げ幅を大きく縮小している。

<4880> セルソース 13980 +650
大幅反発。オムロン<6645>傘下のオムロンヘルスケア(京都府向日市)と整形外科の領域で共同調査を開始すると発表している。変形性膝関節症の予防と治療選択肢の充実が目的。セルソースの提携医療機関でPFC-FD(患者の血液から作製した多血小板血漿を処理・調製したもの)を用いた変形性膝関節症の治療を行う患者に対し、オムロンヘルスケアのひざ電気治療バンドを用いた治療の満足度を調査する。

<6736> サン電子 4055 +180
大幅に3日続伸。イスラエル子会社のCellebriteが特別買収目的会社のTWCと合併し、米ナスダック市場に上場すると発表している。併せて保有するCellebrite株の一部約2094万株を約2億ドル(231.84億円)で投資家に譲渡し、Cellebriteは持分法適用関連会社となる。取引実行は6月末までの予定。また、Cellebriteから2130万ドル(23.58億円)-1億ドル(110.71億円)の範囲で配当金を受け取るとしている。

<4173> WACUL 3065 +92
大幅に反発。21年2月期の営業損益を従来予想の0.67億円の黒字から0.71億円の黒字(前期実績1.40億円の赤字)に、純損益を従来予想の0.38億円の黒字から0.83億円の黒字(同1.42億円の赤字)にそれぞれ上方修正している。マーケティングのデジタルトランスフォーメーション(DX)への機運が高まっていることに加え、繰延税金資産の回収可能性を検討した結果、法人税等調整額として0.38億円を利益計上するため。

<3690> イルグルム 1383 +78
大幅に反発。3月の売上高が前年同月比20.7%増の2.52億円になったと発表している。前月の15.2%増から伸び率が加速した。内訳は、マーケティング効果測定プラットフォーム「AD EBiS」などを取り扱うマーケティングプラットフォーム事業が12.7%増の2.26億円、EC構築のためのオープンプラットフォーム「EC-CUBE」を提供する商流プラットフォーム事業が211.2%増の0.26億円と、いずれも伸長した。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「新興市場銘柄ダイジェスト:イルグルムは大幅に反発、今村証券が年初来高値