スパイダープラス<4192>

海外事業部を1年以内に立ち上げると報じられている。建築図面・現場管理アプリケーション「スパイダープラス」が、日系の建設業や設備企業の海外現場に導入されるなど、需要の急増に対応すると伝わっている。株価はIPO後、1300円から1800円辺りでのレンジ推移が続いていたものの、昨日の上昇でレンジを上放れてきていることから注目。


フリー<4478>

2月16日高値12910円をピークに調整を続けており、3月25日には7970円まで下落。足元では緩やかなリバウンドを見せてきているものの、75日線に上値を抑えられている。ただし、5日、25日線処での攻防を続けるなかで煮詰まり感も意識されてきており、75日線突破を試す展開が見込まれる。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「スパイダープラス、フリー◆今日のフィスコ注目銘柄◆