■株主還元

ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は株主還元の重要性については高い意識を有している。同社が継続的に発展するためには株主価値向上が重要だとの認識が背景にある。このような考えのもと、安定した配当を出し続けることを基本方針としている。

こうした方針のもと、2021年3月期中間期の1株当たり配当金は足元の収益状況に鑑みて前期の期末配当金と同額となる3円とした。なお、同社は当中間期において自社株買い755百万円を実施している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<EY>

情報提供元:FISCO
記事名:「ダイナムジャパンHD Research Memo(8):2021年3月期中間期の1株当たり配当金3円とすることを決定