パソナ<2168>は大幅反落。前日に上半期決算を発表、営業利益は108億円で前年同期比2.8倍と大幅増益になり、通期計画も100億円から150億円、前期比41.8%増に上方修正している。業務を外部委託するBPOサービスの需要が拡大したほか、感染症の拡大防止に関わる期間限定の案件が想定以上に増加したもよう。ただ、第1四半期は72.9億円で前年同期比5.9倍だったことから上方修正は想定線、9-11月期の収益水準縮小などをマイナス視する動きにも。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「パソナ---大幅反落、業績上方修正も修正幅は期待値下回る