ソフトバンクG<9984>は大幅続伸。米紙では、米政府がアリババなどについて投資禁止の対象銘柄に追加しない方針を固めたと報じている。先週には米政権が投資禁止を検討などと伝わり、今後の含み益減少懸念などにつながっていたが、こうした警戒感が払拭される状況になっているようだ。アリババ株は同社の資産価値に対して大きなウェイトを占めている。なお、同報道を受けて、アリババ株はADRで4%超の上昇となっている。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソフトバンクG---大幅続伸、米国ではアリババ株を投資禁止対象とせずと伝わる