11日午後の東京市場でドル・円は109円40銭付近と、底堅い値動きが続く。米連邦準備制度理事会(FRB)による緩和縮小の観測は後退し、米10年債利回りは低水準で推移。それを受けドル売りに振れやすいが、イベント通過に伴い円買いが抑制されドルは下値が堅い。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円32銭から109円45銭、ユーロ・円は133円07銭から133円37銭、ユーロ・ドルは1.2170ドルから1.2191ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、クロス円の上昇基調で