日本時間10日午後9時以降のニューヨーク市場でドル・円は、109円53銭から109円76銭まで上昇している。米国の5月消費者物価指数の予想を上回る伸び拡大、週次新規失業保険申請件数の一段の減少を受けて、ドル買いが優勢になっている。米10年債利回りは1.49%台から一時1.53%台まで上昇している。

 ユーロ・ドルは1.2153ドルまで下落後、1.2195ドルまで上昇。ユーロ・円は133円29銭まで下落後、133円76銭まで上昇している。欧州中央銀行(ECB)の成長率やインフレ率の予測引き上げがユーロ買いにつながったもよう。

 ポンド・ドルは1.4086ドルまで下落後、1.4155ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.8953フランから0.8985フランでもみ合っている。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY為替:ドル・円は109円76銭まで上昇