欧州市場でドル・円はもみ合いが続き、109円50銭付近で推移する。この後の欧州中銀(ECB)理事会や米消費者物価指数(CPI)発表を前に様子見ムードが広がり、積極的な売り買いは手控えられている。米10年債利回りは小幅に回復したが、ドル買いは限定的。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円47銭から109円56銭、ユーロ・円は133円18銭から133円26銭、ユーロ・ドルは1.2158ドルから1.2171ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円はもみ合い継続、様子見ムードで