10日午後の東京市場でドル・円は109円50銭台と、変わらずの値動き。ユーロの全面安が続く一方、米10年債利回りの低下でドルはユーロ以外の主要通貨に対して弱含んでいる。ドル・円は引き続き国内勢の押し目買いが意識され、下げづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円52銭から109円68銭、ユーロ・円は133円27銭から133円55銭、ユーロ・ドルは1.2163ドルから1.2183ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、国内勢の押し目買いを意識