10日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、109円50銭台を維持する。ドルはユーロに対して上昇基調を維持するものの、ポンドや豪ドルなど他の主要通貨に対し弱含む展開。ただ、ドル・円は国内勢による買戻しが観測され、下げづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円52銭から109円68銭、ユーロ・円は133円28銭から133円55銭、ユーロ・ドルは1.2166ドルから1.2183ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、押し目買いで下げづらい