カナダ中銀の政策金利据え置き、量的緩和の規模維持が発表された後、ドル・カナダドルは1.2059レベルから1.2105レベルまで反発している。

 米長期金利の反転上昇もあるが、カナダ中銀が利上げ時期見通しを修正(前倒し)しなかったこともドル買い、カナダドル売りにつながっているとみられる。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY為替:ドル・カナダドルは1.2105レベルまで反発