午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円30銭台で推移。麻生財務相は、午前の会見で、G20の共同声明で、今まで暗黙の了解事項であった、為替操作に関する文言を明文化したと述べた。

一方、東京株式市場は日経平均が201.52円高と後場寄り付きから上げ幅を拡大している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が下げ幅を縮小したことや、東京エレクトロン<8035>など半導体関連株が強含みしていることが相場を下支えしているもようだ。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:1ドル109円30銭台、麻生財務相、G20で為替文言見直し