日経平均は92円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト<6857>、ソニーG<6758>、第一三共<4568>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、信越化<4063>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、銀行業、繊維製品、証券商品先物、電気・ガス業が値下がり率上位、海運業、その他製品、精密機器、機械が値上がりしている。

日経平均はマイナス圏だが底堅く推移している。手掛かり材料不足との指摘もあり、様子見気分も強いようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は92円安、手掛かり材料不足との指摘も