7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円94銭から109円60銭まで下落して109円79銭で引けた。米2月貿易赤字が過去最大となり、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨(3月16-17日分)はハト派的な方針を示すとの思惑でドル売りが優勢となった。議事要旨は想定の範囲内であり、ドルは戻りの鈍い展開となった。

ユーロ・ドルは1.1915ドルまで上昇後、1.1861ドルへ反落し1.1872ドルで引けた。オランダ中央銀行総裁が、ユーロ圏経済が予想通りに展開した場合、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7-9月期から段階的に縮小する可能性を示唆し、ユーロ買いが継続。その後、欧州中央銀行(ECB)のレーン理事が「緩和策を維持していく」と表明したため、ユーロ売りが再燃した。ユーロ・円は130円69銭まで上昇後、130円28銭まで下落。ポンド・ドルは1.3814ドルから1.3725ドルまで下落。ドル・スイスは9268フランまで下落後、0.9303フランまで戻した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY為替:ドルは下げ渋り、FOMC議事要旨は想定内