3日の東京市場でドル・円は小じっかり。前日海外市場のドル売りの流れで、朝方に106円68銭まで値を下げる場面もあった。ただ、米長期金利が下げ渋るなか日経平均株価の上げ幅拡大で円売りが強まり、ドルはじり高となって午後に106円90銭まで上昇した。

・ユーロ・円は128円93銭から129円24銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.2079ドルから1.2096ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円106円80-90銭、ユーロ・円129円10-20銭
・日経平均株価:始値29,482.12円、高値29,604.37円、安値29,336.60円、終値29,559.10円(前日比150.93円高)

【経済指標】
・豪・10-12月期GDP:前年比-1.1%(予想:-1.9%、7-9月期:-3.8%←-3.8%)
・中・2月財新サービス業PMI:51.5(予想:51.5、1月:52.0)
・スイス・2月消費者物価指数:前年比-0.5%(予想:-0.3%、1月:-0.5%)

【要人発言】
・片岡日銀審議委員
「長短金利操作やリスク資産買入れなど効果を分析・検証は必要」



<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株高で円売りも