米1月景気先行指数は前月比+0.5%となった。伸びは12月+0.4%から拡大。11月来で最大となった。10年債利回りは1.33%まで低下後、1.34%を回復。一方、良好な結果にもかかわらずドルは軟調推移。ドル・円は105円50銭から105円10銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1240-45ドルと高値圏で推移した。

【経済指標】
・米・1月景気先行指数:前月比+0.5%(予想:+0.4%、12月:+0.4%←+0.3%)

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「米1月景気先行指数、11月来で最大もドル軟調推移維持