欧州市場でドル・円は105円80銭台に上昇した後、一時105円50銭台に弱含んだ。米10年債利回りの上げ渋りで主要通貨は対ドルで小幅高となり、ユーロ・ドルは1.2130ドル台に浮上。一方、欧米株価指数は軟調地合いで、クロス円は上昇が抑制されている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円58銭から105円84銭、ユーロ・円は127円85銭から128円24銭、ユーロ・ドルは1.2091ドルから1.2135ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の上げ渋りで