14日午後の東京市場でドル・円は104円付近と、変わらずの値動き。米バイデン次期政権による追加経済対策が2兆ドル規模との報道を受けたドル買いは一服し、ユーロや円などに対して動きが鈍い。一方、日経平均株価は大幅高だが、リスク選好的な円売りもいったん収束したようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円79銭から104円20銭、ユーロ・円は126円23銭から126円49銭、ユーロ・ドルは1.2136ドルから1.2172ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、ドル買いは一服