日経平均は118円高(9時15分現在)。米国株式相場を受けた今日の東京株式市場は、やや売りが先行した。新型コロナ感染拡大を受け、政府が新たに7府県に緊急事態宣言を発令し、また、外国人の新規入国が原則停止されたことなどで、足元経済への悪影響がさらに懸念され、株価の重しとなったことに加え、昨日までの4日続伸で日経平均は1400円上昇しており、利益確定売りも出やすく、株価の重しとなった。一方、金融緩和が長期にわたるとの見通しや財政政策による景気下支えに対する期待感が継続し株価支援要因となり、寄り後、日経平均は上げに転じた。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は118円高、寄り後上げに転じる