NY外為市場でドル・円はインフレ指標を受けた利回り低下に伴い103円74銭まで弱含んだのち、103円97銭まで戻した。米国30年債入札や連邦準備制度理事会(FRB)の地区連銀経済報告(ベージュブック)公表を控え103円台後半でのもみ合いが続いた。

ダウ平均株価は26ドル安。10年債利回りは1.13%から1.09%まで低下後、1.1%前後で推移した。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:ドル・円103円台後半でもみ合い、30年債入札やベージュブック発表控え