23日の上海総合指数は売り先行。前日比0.68%安の3617.701ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.20%高の3649.825ptで推移している。経済政策への期待が高まっていることが引き続き支援材料。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は来週3月5日に開幕する予定だ。一方、前日の欧州市場の下落などが警戒され、売りが先行した。


<AN>

情報提供元:FISCO
記事名:「(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、経済政策への期待が高まる