3月に入りリバウンド基調を強めており、3月23日には1968円まで上昇。長い上ヒゲを残す形でピーク形成となり、その後は緩やかな調整を見せているが、25日線を支持線に反転してきている。一目均衡表では雲を上回って推移しており、遅行スパンについても上方シグナルは継続。週足の一目均衡表では3月半ば以降の上昇で雲を突破し、その後は雲上限が支持線として機能している。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「アイサンテクノ---25日線を支持線に反転を見せつつある