年明け以降は利益確定の流れが続いているが、75日線が支持線として機能する形での底堅さがみられており、リバウンドを意識した動きを見せてきている。一目均衡表では雲上限が支持線として機能している。今後は雲のねじれから切り上がりをみせてくるため、これに沿ったリバウンドをみせてくるかが注目される。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「石川製---75日線が支持線として機能する形